« ささやかだけど、役に立つもの | Main | 青い日記帳 »

ロックンロールミシン

『ロックンロールミシン』
という邦画のビデオを観た。
何年か前に、映画館からこの映画のチラシをもらって来て、
部屋に貼り付けていたのだが、
観てなかったのだ。

超簡単に言えば、手作りの服を作る若者たちのことを
描いたものなんだけど、
洋服屋のオーナーとしてクドカンが出てた。

クドカンが出てたシーンで熱弁をふるってたところに、
私は深く共感した。
それは・・・

クドカン:「地下鉄の自動販売機でさ、160円区間専用ってのがあんだろ、あんだよ。
あれさ、210円入れて、50円玉でお釣りもらおうとしたことない?」

男性客:「あぁ、・・・ありますあります!」

クドカン:「100円玉2枚入れて、10円玉入れて、で、50円玉でお釣りもらうわけだよ。
だけど100円玉2枚入れた時点でな、もう10円玉がっちゃんがちゃん出てきちゃうだろ?
だから100円玉入れて、10円玉入れて、100円玉入れる、ってそういう順番にするわけ。
だけどこの、100円玉入れて、10円入れて、100円玉入れたつもりが、
それが、100円じゃなくて10円だったんだよ。
だから120円だよ。
で、100円入れて220円。
これどうなったと思う?」

女性客:「さぁぁ・・・?」

クドカン:「60円全部10円で出てきたよ!
何でなんだよ~!!!」

男性客:「さぁ、何でっすかね・・・。」

というところ。
何で、都会の券売機はこうもせっかちなんだろう、
と怒りにふるえたことがある。

去年の11月に東京に行った時、
そうよ、ちょうど大人計画の公演を観に行った時さ、
三軒茶屋(「さんちゃ」と略すらしい)にある世田谷パブリックシアターであったので、
南青山の「岡本太郎記念館」にいた私は
東急田園都市線で、渋谷から三軒茶屋まで向かった。
ちょうど160円だった。
100円玉入れて、100円玉入れて、10円玉入れようと思ったら、
100円玉入れて、100円玉入れた時点で、
すかさずお釣りが40円出てきやがった。
すかさず!!!

もう、都会の厳しさを思い知った瞬間だった。

|

« ささやかだけど、役に立つもの | Main | 青い日記帳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69954/2765094

Listed below are links to weblogs that reference ロックンロールミシン:

« ささやかだけど、役に立つもの | Main | 青い日記帳 »