« 豚汁 | Main | 奇跡 »

Just do it.

m-floの二人が『英語でしゃべらナイト』に出てた
インター出身の二人。
それは巧みに英語と日本語を操ってた。
けど、日本語で熱く語ってた時の方が多かったかな。

それはそうと、パックン英検で、パックンが"HIP-HOP"の説明をしていたんだけど、
それが、この前後任の先生から説明を受けたこととまんま同じでびっくりした。
「HIP HOPって聞くと、ラップやスクラッチのイメージが先行しちゃうけど、グラフィティ(壁に落書きしたりすること)やブレイクダンスしたりっていうのもHIP HOPというのよ」と。

ちなみにパックンが説明していたのが、
"A caltural movement that originated
among African-American youth in New York
and became popular through rapping,
DJ-ing, graffiti art and break dancing."

最近、正月くらいからかな、いろんな本を読んだり、
人とお話したりする中で、
偶然同じようなことを違う人から言われたり、
本で読んだりことがあったんだけど、
きっとそれは私に必要なメッセージだったんだろう。

というか、きっと、いい言葉とかステキな言葉なんて
世の中には溢れている。
『バカの壁』じゃないけど、私のことだ、
自分が必要と感じなかったら、
どんなにいい言葉もステキな言葉も
サラッと右から左へ流れて、あっという間に忘れてしまう。

必要なメッセージは神から与えられた言葉なんかじゃなくて、
自分で選んで頭の片隅に置いているんじゃないかと思う。

ちなみに正月辺りからよく聞いたり見たりする言葉は
「夢を描いて、まっすぐ進みなさい。
理想とする将来を強く描けば描くほど、
迷うことなく、きっと将来、思い描いた場所に状態にいるだろう」
みたいなこと。
江原啓之さんの本にもそのようなことが書かれていたし、
後任の先生が貸してくださった自己啓発本にも書かれていた。

あと、手元にはないけれど、Verbalの本にあった、
引用していた誰か(忘れた)の言葉、
"Who you are now is influenced by who you want to be."
「今のあなたは、あなたがなりたいと思っている人に影響されている。」
だったかな。
これも同じようなことを言ってるんだよなぁ。

そして、昨日のしゃべらナイトの〆の言葉。
Focus your vision on what you see, and just keep on trying and someday your dream will come true.
Don't be afraid to learn English. You just gotta go and do it. Don't think about, just do it.

|

« 豚汁 | Main | 奇跡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69954/3678846

Listed below are links to weblogs that reference Just do it.:

» 英語でしゃべらナイト [ジュラ紀]
英語でしゃべらナイト 毎週NHKで月曜11時15分からある「英語でしゃべらナイト [Read More]

Tracked on April 13, 2005 at 08:24 PM

« 豚汁 | Main | 奇跡 »