« painful at Joyfull | Main | 古道具 中野商店 »

田舎の図書館

普段行っている図書館に行ってみると、
席が空いていなかったので、
違う図書館に行ってみた。
普段行っている図書館では
いつも貸出中の
『古道具 中野商店』(川上弘美著・新潮社)

置いていない
『優しい音楽』(瀬尾まいこ著・双葉社)

ブータンに関するキレイで可愛らしい本
『ブータン 雲の国の子供たち』(高橋洋 文・写真・大東出版社)
があったので、
ラッキー、と思って何も考えずに借りてしまった。
昨日受けた模試が散々だったので、
本試験まで読書断ちしてやるー、
と決断したのは一体・・・。

それにしても、田舎の図書館には
読みたい新刊の本が必ず何冊かはあるので、
「田舎バンザイ」と思う。

以前住んでいた県庁所在地には
県図書(県立図書館)と市図書(市立図書館)があったけれど
話題の図書は常に貸出中だった。
大学の図書館は学術書ばかりだったし
(でも、なぜかローカルな、話題のラーメン特集の本はあったりした)
(←親友Cちゃん御用達)。

だから、「雑誌とマンガで成り立っているような」本屋で
文庫本をたまに買っていたんだけど、
部屋にモノが増えるのがイヤだったし、
買っても1回しか読まないので、
だんだん買わなくなり、読書から遠ざかっていた。

あんなに暇な時間の洪水に流されていたのに、
もっとたくさんの本を読んでおけばよかったなぁ、と今さらながら思う。
ホント、大学生の時って、一日何してたんだろう。
4年生の時は週休4日だったし。

|

« painful at Joyfull | Main | 古道具 中野商店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69954/4804075

Listed below are links to weblogs that reference 田舎の図書館:

« painful at Joyfull | Main | 古道具 中野商店 »