« 電話 | Main | 紅白 »

餅つき

今日は叔母の実家の餅つきに招待してもらって参加してきた。
総勢20~25名くらいいただろうか。
おじいちゃん・おばあちゃん・その娘・婿・子ども二人、(その息子・嫁・子ども二人)×2、
おじいちゃんの妹・の婿・その娘・の婿・子ども、
などなどなど。
遠くに住んでいる人たちも集まって餅つきをする。
かなり賑やかで楽しかった。

せいろで蒸したもち米を杵でつく。
初めは、4人でリズムよく
ぺたんぺたんぺたんぺたん・・・とついて、
その後、1人が杵でついて、
1人が手でこねる。

もう、熟練の技術に惚れ惚れしながら見ていた。
私も杵でついてみたが、杵がカクンと変な方向にいってしまい、
2回ついて、交代を命じられた。
ぐすん。

でも、本当につきたてのお餅は気持ちよくて
丸めながらかなり癒された。
美味しいし。一体いくつ食べたんだろう?
機械でついたものとは全然違う。

小学生の子どもたちが7人くらいいて、
合間に近くの公園で
「かくれんぼ」や「だるまさんがころんだ」
を一緒にやった。
太陽の下で活動するのは
とてもエネルギーを消費するので、
私は見るのに徹するつもりだったが
「おねえちゃんも一緒に~~」
とせがまれて渋々参加した。
なぜ子どもはあんなに元気なんだろう。
しかも飽きない。
不思議だ。

それにしても食べ過ぎた。
コンスタントに何かを胃に入れていた。
名産の殻つき牡蠣(炭火で焼いたもの)、餡子餅、板チョコ餅、焼き芋、
さらに、お刺身、皿うどん、豚汁、と続く。

苦しみながら幸せを感じた、そんな年の瀬。

|

« 電話 | Main | 紅白 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69954/7910910

Listed below are links to weblogs that reference 餅つき:

« 電話 | Main | 紅白 »