男性癒し系ボーカル

タワレコでアルバム2枚を買った。
1枚がMAROON5の"SONGS ABOUT JANE"で、
もう1枚がJames Morrisonの"UNDISCOVERED"。


家に帰って気づいた。
最近購入するアルバムは男性癒し系ボーカルがとても多いということを。
しかもどれもメジャーで、大ヒットしているものばっかり。

Jamie Cullum、Daniel Powter、Craig David、
あと、きわめつけがJames Blunt。

よっぽど私は「外れがない」「スウィートな声の男性」から「癒されたい」のだろうか。
あぁあ。

しかし、アルバム買っても、大ヒット曲しかよくなくて他の曲が「?」って感じだと、
すぐに飽きちゃって・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ギムレット

最近、Bonnie Pinkの"A Perfect Sky"を、
通勤途中、ヘビロテで歌っている。

歌詞の中に、
「午前0時そっと家を抜けて
一人で飲んだギムレット ちょっとだけ目が覚めたよ」
というのがあって、
「ギムレットってなに?」
と思ったので、調べてみた。

どうやらジン・ライムをシェイクしたバージョンが
ギムレットらしい。
夜中に家を出て、カクテル飲むなんて、
おしゃれな生活してるよなぁ。
ちょっと憧れ。

田舎じゃ、歩いていける範囲には自販機しかないし、
自販機もカメムシやら何やら虫がうじゃうじゃいて、
とてもじゃないけど、近寄れない。
だいたい、午前0時前には就寝だし。。。


サントリーのギムレットの説明があるページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

演奏会

今日は、地元のお友達が臨時で参加している
オーケストラの定期演奏会に行ってきた。

やっぱり、生の演奏は素晴らしい。
いつもCDで聞いている
チャイコフスキーの「くるみ割り人形」のクライマックスとか
涙が出そうになった。
CDじゃ涙は出ない。

招待してくれたその友達は華奢な女性で、
コントラバスというバイオリンをとても大きくした楽器を演奏しているが、
華奢な女性が大きな楽器を操っている(奏でていると表現すべきなんだろうけど)のは
非常にカッコいい。
弦を押さえている左指の動きもキレイ。

あと、私とその友達が高校の時に所属していた
吹奏楽部の部長(私が1年生の時に3年生だった)を
舞台上で見つけた。
多分、彼が一番派手に演奏していた。
すごいなぁ。

何でも長年続けてやっていくって
素晴らしいことだよなぁ。
私も何か・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Loop In My Heart

買っちゃった。
m-flo loves EMYLI & YOSHIKA / loves AKIKO WADA
"Loop In My Heart / HEY!"

もう、職場との往復中
人気のない山道で大音量で聴き、
ガンガン歌っている私。

テーマは男女のミスコミニュケーションかな。
要約すると、
「ノリで付き合い始めたけど、
なんか引っかかって、
こんなにあなたのことを思っているのに、
あなたは何考えているのかわかんないし、
あぁ、でも忘れられないよ、
あぁ、もうさいあくー。」
って、お互い同じことを考えている感じ?

歌詞が聞き取りづらいので、
店頭なんかでかかってても、
「夏らしい、軽いノリの曲だねぇ」くらいにしか思わないことだろう。
海に行く車の中で聴くといいかも。
・・・残念ながら今は車に乗らなくても、20秒で海に着く。

和田アキ子が歌っている"HEY! "で、
"Give it to me! Give it to me! Give it to me!..."
と早口で繰り返しているところがあるけど、
「ギビチョメギビチョメギビチョメギビチョメ・・・」
としか聴こえない(笑)
どうせなら、歌詞カードも「ギビチョメ」って書けばよかったのに。

でもどっちの曲もスキ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

REEEWIND!

今日はバドミントンの日だったので、
体育館に行くと、
みんなテレビを囲んで座っている。
結婚闘魂行進曲「マブダチ」???
氣志團??
あれ?

聞くと、結婚式の余興の練習をするということだった。
仲間のうちの一人がもうすぐ結婚する。
5歳年上の女性と小2の娘さん。
何度かその二人もバドミントンに来てて、
お会いしたことがあるが、
3人ともとても幸せそうな感じ。

私は、小学校の同級生たちと大喜利をすることになったので、
帰ろうかとすると、「まぁ、見ていきなよ~」と言われ、
なんとなく居座ってしまった。

このプロモ、よかったなぁ。
ストーリーは
ある娘と男の結婚式でのこと。
娘の結婚に反対し、
式に参列しない父。
でも式は着々と進み、
氣志團が余興でこの歌を歌い、踊る。
家で娘の小さい時の写真やらを眺め、目を細める父。
で、最後に・・・という感じ。
ベタなんだけど、やっぱり結婚式っていいなぁ、と思った。

結局、巻き戻し巻き戻しに
1/2やら1/8やらスローにしたり、
とにかくかなりプロモを見て、
なぜか知らないうちに一緒に踊っていた。

ダンスなんて高校以来で、ちょっと楽しかった。
しかし、この踊りはかなりハイレベル。
氣志團って実はすごいんだね。。。
さすが永遠の16歳。

回想

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HOT 102.1FM

後任の先生が「ブラックミュージックばかり聴いています」
とおっしゃってたので、
話のネタに、と
1時間近くアメリカのとあるHIP HOPの番組を聴いているけれど、
何かテンション高くて
早口でまくしたてられるから頭がキンキンする。

ヴァージニア州のヴァージニアビーチにある
放送局
のようだ。
日本が午前0時ということは、
向こうは朝10時?
朝っぱらからこんな番組聴くのかなぁ。
やっぱすごいね、アメリカ人。
"Great morning show!!!"とか言ってるし。

ネット配信されてるから世界中の人が聴いてるんだろうけど。
すごいよなぁ、インターネット。
ドラえもんのどこでもドアって、インターネットのことじゃなかろうか、
と思う今日この頃。
前にも言ったことがあるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クリスタイル

Crystal Kay のニューアルバム
Crystal Style』 を借りた。

メナードのCMで、
押尾学ときれいな女の人(ブレンダさんというモデルらしい)が
ガラス越しに見つめあうやつ
があって
その曲が聴きたかったのだ。
6曲目に入っている『LOVE it TAKE it』という曲。
オッシャレーな感じだった。

あと、11曲目の『Baby Cop feat.Mummy-D(マボロシ/Rhymester)』も面白かった。
横浜のベイエリアを舞台に
浮気でみだらな遊び人と、彼を取り締まる婦人警官の
物語仕立てになっている。

Rhymesterの曲を聴き慣れてない人は
ちょっと不思議な感じかもしれない。
独特の間の取り方というか、音程というか独特だ。
友人のMよちゃんは
「何これー!」と言うに違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

AKIKO WADA?

今度はm-flo loves AKIKO WADA らしい。
AKIKO WADA って誰?
また無名の若いアーティストとコラボかぁ、
と思ったら!

和田アキ子

TBS系野球中継「野球烈闘2005」テーマ曲を製作するらしい。
タイトルは"HEY!"

これは誰もが予想だにしなかっただろう。

和田アキ子かぁ・・・。

BIGLOBEニュースより
"アッコ 「昔の血が騒ぐ」 m-floと異色ユニット"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Hey, yo!

RIP SLYMEの『MASTERPIECE』 が
やっと1週間レンタルOKになったので、
借りてきた。
メジャーな曲しか聴いたことなかったし、
特に興味もなかったけれど、
シングルカットされてない曲もよい感じ。
たいてい、歌詞カードを見ないと
何と言っているのかわからないけれど
曲作ってる人のセンスのよさがヒシヒシと伝わる。
「Prologue」と「Epilogue」におひょいさんの声が入っているのもいい。

ちなみに、オレンジレンジのシングルCD、『*~アスタリスク~』の
カップリングには出川哲郎の朗読が入っているらしい。
知らなかった。

知らなかったことといえば、
ラッパーがよく
"Hey, yo!!"
などと言っているが、
この"yo" は
"you all"(皆々様)が短縮化されて
"yo" となったらしいこと。
本当かな。
どこで知りえたことだったか忘れてしまった。

でも、試しに "you all" と早口で10回言ったら
"yo" になったので、
強ちウソでもあるまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新たな出会い

お友達ができた。
バイトの後任講師の方。
初めて会ったのにも関わらず、
ジョイフルで2時間近く居座ってしまった。

30代で結婚されているけれど
すごく話が合って盛り上がった。
最初はマジメに仕事の引継ぎの話をしてたのに、
なぜか道が逸れて、肌荒れの相談に乗ってもらったり、
旅の話をしたり、音楽の話をしたり。
今まで既婚者というと、1枚壁が隔たってる感じがしたけれど、
そういうのを全然感じなかった。

マンガ喫茶が好きらしく、
私が前から一度行ってみたかったけど、なかなか踏み込めない、
と話したら、是非一緒に行きましょう、と誘われた。
多分、20分くらいマンガ喫茶について熱く語っていらっしゃった。

「どういう音楽聴いてらっしゃるんですか?」
と聞いたら、「ブラックミュージックが好きなんです」、とおっしゃった。
私が「最近、日本のヒップホップを聴いてますよ」と言ったら、
彼女の目の色が変わって、
RHYMESTER(ライムスター)ってご存知ですか?」
とおっしゃった。

今日、私は1日中FMをつけっぱなしで
作業をしてたのだけれど、
あらゆる番組で、Crystal Kay の『Baby Cop feat.Mummy-D』
という曲を何度も聴いた。
そのフィーチャリングされているMummy-Dという人が所属するヒップホップグループが
RHYMESTERといって、
その後任講師の方は、大学生の時に
彼らと同じ「ブラックミュージック研究会」というサークルに入っていたらしい。
長崎の知り合いでRHYMESTERと言ってもわかってくれる人がいなかったらしく、
これまた熱く語ってらっしゃった。

「私の友達と、そのメンバーの***くん(忘れた...)が付き合ってたんですよ~」
と、大人になると1つや2つは聞くようなことを伺った。
「私の友達のいとこの同級生に***(有名人)がいる」みたいな。
でも、今日何度もRHYMESTERの人の声を聴いてたので
不思議な感じ。

さて、仕事探さないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧